タラバガニはカニじゃない!

スポンサードリンク


111751

タイトルにもある通りタラバガニはカニではないのをご存知でしょうか?

タラバガニはどこからどう見てもカニの姿をしていますが

正確にいうとカニではないのです。

じゃあ何者??
その正体はズバリヤドカリの仲間なんです。

カニではない理由

9f1e1844ed9202add2b29ff1d7718e56_s

では何を基準に区別しているのか。

それは脚の数なんです。

カニで有名なズワイガニ・毛ガニの脚の数は10本なんですが

タラバガニは8本

というわけで脚の数で区別しているのです。

タラバガニの特徴

タラバガニの特徴は初めに書いているように脚の数が

大きな特徴ですが、他のカニとの違いを見て行きましょう。

タラバガニはズワイガニと比べると体が大きく脚も太いのが特徴です。

味は淡白ですが、脚が太い分プリプリしていて食べ応えがあります。

しかし、他のカニと比べるとカニ味噌がほとんどありません。

カニにまつわる雑学をもう1つ

カニ味噌ってなんだと思いますか?

一般的に言われているのがカニ味噌はカニの脳みそ

実はカニ味噌は脳みそではないのです。

カニ味噌はカニの肝臓と膵臓なんです。

ではカニの脳はどこにあるのか。

それはカニの目と目の間、人間で言うとこめかみの部分に脳があります。

ちなみになぜカニの肝臓と膵臓をカニ味噌というのか。

ただ単純に味噌に似ているからという理由なんです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)