運転免許の写真を撮るときカツラはOK?

スポンサードリンク


130030

運転免許の更新の際に写真を撮影しますが

その撮影の際にカツラを着用して撮影できるのか?

薄毛で悩んでいる方や、普段はカツラを着用しているが

その時だけ泣く泣くカツラをとって撮影している方には深刻な悩み。

そんな悩みを解消するべく調査してみました。

証明写真の定義

証明写真の定義とは?まずはそこから調べてみました。

定義は以下の通りです。

証明写真(しょうめいしゃしん)は、その人物を判断し、他人のなりすましを見分けることなどを目的に身分証明書や書類などに貼付される人物写真。パスポートや運転免許証等の公文書、履歴書等の私文書、入学試験や資格試験等の願書などに用いられる。基本的に無地の背景で、肩から上の顔写真とし、帽子やマスク、サングラス等は着用せずに撮影する。

ここで注目するのが、”帽子やマスク、サングラスなどは着用せずに撮影する”となっています。

カツラは着脱可能という観点からみると、帽子の一種としてみなされるのです。

こうなると運転免許の証明写真でカツラの着用はNGということになってしまいます。

本当にカツラはNGなんでしょうか。

さらに調べてみました。

社会通念がある程度は通用

141711
運転免許を交付している公安委員会によると

明らかに変装目的の場合をのぞきセーフという現実的な対応がとられているようです。

このような社会通念が認められる世の中で嬉しく思いました。

これで普段からカツラを着用している方でも心配せずに証明写真を撮影できるのではないでしょうか。

まとめ

証明写真の定義だけを見ると、素顔じゃなければならないと受け止められるような書き方のような感じがします。

警視庁のホームページを拝見しましたが

「サングラス、マスクを使用していたり、変装したりして個人識別が容易でないもの」

と書かれていましたが、変装の部分にもう少し細かく説明書きがあれば親切なのではないかと思います。

しかし、今回調査した結果では、正当な理由によるカツラ着用での撮影はOKということです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)