缶詰の食べごろとは?気にするのは賞味期限や消費期限だけではない!

スポンサードリンク


缶詰と言えば非常食と思われる方も多いかと思いますが、最近は処理の技術の進歩で、とても美味しい缶詰も増えております。

晩御飯の一品にもなりうる商品さえあるくらいですよね。

缶詰はお中元やお歳暮などでいただく機会がありますが、なかなか消費するタイミングを逃し、「気づいた頃には賞味期限を過ぎていた」なんてことを経験したことのある方も多いはず!

そんな事態になる前に缶詰について知っていて良かったと思える雑学をご紹介していきたいと思います。

缶詰には旬がある!?

089405
意外と知られていないことなんですが、缶詰にもがあるのです。

■フルーツの缶詰
みかんの缶詰や桃の缶詰などはどの家庭でも馴染みのある缶詰ですが、フルーツの缶詰はほぼシロップ漬けになって販売されていますよね。

そんなフルーツの缶詰がもっとも美味しく食べられるのは製造より1ヶ月後ぐらいが良いのです。果実の実の甘みなどの成分が程よくシロップと馴染み美味しくなるのだそうです。

■ツナ缶
ツナ缶などの油漬けになっている缶詰は6ヶ月から1年後あたりがもっとも美味しく食べられる時期だそうです。

■たけのこなどの素材の缶詰
素材物の缶詰にはこれといって食べごろはないようで、賞味期限内であればいつでも美味しく食べられるようです。

■水煮
水煮などの缶詰は3ヶ月から6ヶ月くらいが美味しく食べられるそうです。

このように長期保存ができる缶詰にも「旬」があるのです。

賞味期限や消費期限を気にするのではなく、缶詰の旬を意識してみてはいかがでしょうか。

そうすることで自然と賞味期限を迎える缶詰はおのずとなくなっていくのではないでしょうか。

 

もしも賞味期限を過ぎてしまったら

136004
いくら長期保存ができる缶詰といっても、半永久的に保存できるものではありません。

「賞味期限が過ぎてしまったけど、賞味期限はあくまでも美味しく食べられる目安だし、まだまだ食べられる!」

なんて安易に考えるのは良くありません。

もしも以下のような状態なら、賞味期限内外問わず、諦めたほうが良いかもしれません。

缶が膨らんでいる

缶がさびている

これらの状態はなんらかの理由で微生物が入っている可能性があります。

微生物が入っているとガスが発生し缶が膨らんでしまうことがあるからです。

そんな時は、もったいないと思わず健康を第一に考えて処分することをおすすめします。

まとめ

今回は缶詰にも旬があることをお伝えしてきました。

缶詰は非常食としてとてもありがたい商品であると同時に、裏を返せば忘れられてしまう存在でもあるわけです。

缶詰を購入した時に、食べごろを付箋に書いて貼っておくのも良い案だと思います。

我が家でも付箋を貼り対策したことで、非常食として置いておいた缶詰を定期的に入れ替えられるようになりました。

しかも美味しく食べられるという一石二鳥なのです。

心当たりのあるかたはさっそく台所で眠っている缶詰をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)