寒暖差アレルギーとは?原因と対処法

スポンサードリンク


寒暖差アレルギーの症状とは?

寒暖差アレルギーの代表的な症状とは、アレルギー性鼻炎と似たような鼻づまりや鼻水くしゃみ、咳などがあります。

風邪や花粉症と類似している症状が多いため、なかなか寒暖差アレルギーとは気づきにくいのが特徴です。

 

そのほかの症状としては、食欲不振・睡眠トラブル・疲れやすい・イライラするなどの
症状も見られます。

アレルギーとの名称ですが、医学的な正式名称は「血管運動性鼻炎」と呼ばれています。

寒暖差アレルギーの方がアレルギー検査をしても陰性になり、抗原を特定できないのも
特徴のひとつです。

花粉症との違い・見分け方は?

症状をみると花粉症と酷似しているため、見分けるのが難しいですが、見分ける方法はあります。

①目が充血していなければ寒暖差アレルギーの疑いあり

②鼻水の色が透明だったら寒暖差アレルギーの疑いあり

主な見分け方は上記のような症状です。

これはあくまでも自己診断の範囲なので耳鼻科で診察を受けることをお薦めします。

寒暖差アレルギーの原因は?

鼻粘膜の自律神経の異常

気温の差が激しい朝や夜、春や秋などの時期などは温度差が生じます。

基本的に寒いときは人間の血管は収縮します。反対に暑いときは膨張します。

鼻の奥の血管が温度差の刺激によって伸縮することによって、鼻づまりや鼻水などアレルギー性鼻炎と似たような症状が起きるのです。

また自律神経とは、気温に合わせて身体を調節し対応させてくれる神経ですが自律神経が対応できる温度差は約7度と言われています。

この温度差が7度を越えてしまうと、身体は対応しづらくなるわけです。

 

寒暖差アレルギーの対処法は?

規則正しい生活
これは寒暖差アレルギーは自律神経と密接な関係にあることが理由です。

自律神経が乱れていると、体温調節が上手くいかないため原因を作ってしまうことになります。

普段からストレスをためないようにすることを心がけましょう。

お風呂でもぬるま湯にゆっくり浸かることでリラックス効果が高まりますので試してみてください。

薬による対処
病院に行っても寒暖差アレルギーの薬はないので、アレルギー性鼻炎と同じ薬を処方されるようです。

市販の薬では、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などを使用すると良いです。

また漢方薬も良く効くらしいですよ。

手術療法
手術療法もあります。鼻粘膜に繋がる副交感神経を遮断する手術です。

鼻漏・鼻づまりに効果もあります。

まとめ

寒暖差アレルギーは自律神経による原因が大きいようです。

疲れていたりストレスをためていたりすると、色々な病気の原因となります。

夏なんかは冷房が効きすぎた場所なんかよくあります。

そんなところに行く場合などは一枚羽織るものやブランケットなどを用意したほうが良いですね。

また、寒暖差アレルギーは男性よりも筋肉量が少ない女性がなる傾向が多いようです。

寒暖差アレルギーの予防は普段のちょっとした心がけで防げますので少し意識して生活していきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)