IQOSをネット購入した時の保証は?

スポンサードリンク


これからアイコスをネットなどで購入しようと考えている方に注意していただきたい点をご紹介したいと思います。

「コンビニに売ってない!」「そろそろ1年保証が切れるからもしもの事を考えて2台目が欲しい!」など、様々な理由でアイコスを購入したい方は多いと思います。しかし2017年を迎えた現在も品薄の状況です。そんな方はついついネット通販やオークションに頼りがちになってしまいます。

アイコスはSNSでも言われているように故障が多く保証は必須です。通常のメーカー保証は6ヵ月ついていますが、購入から2週間以内にアイコス公式サイトに製品登録するとトータル1年保証にすることが出来ます。これは皆さんもご存知かと思います。

ネットで購入した場合ちゃんと1年保証になるのか、その点を調べてみましたので見ていきましょう。

交換保障

まずは保証の仕組みですが、アイコス機器が故障した場合アイコスカスタマーセンターに連絡して保証期間以内であれば無償で交換してもらえます。その時にレシートの提示を求められる場合があります。カスタマーセンターに電話すると故障の具合をいろいろ聞かれると思いますが、カスタマーセンターでは故障を3つに分類しているそうです。

1度のみの保証

主な症状

  • ブレード折れ
  • 水没
  • ヒビが入った

保証期間のみの保証

主な症状

  • 通常の故障

保証期間を過ぎても保証

主な症状

  • 回路的なエラー
  • 製造時に原因があると思われるもの

と大まかに分類しているそうです。

一番上の故障は自己責任的な要素が強いので交換保障を受けるのは当然シビアになりますよね。という事は上から順にレシートの提示を求められやすいという事です。一番下の保証期間を過ぎても保証というのは、保証期間がある程度過ぎても保証してくれる場合があるみたいです。これはアイコス側が原因による故障と判断された場合だということなので、保証期間が過ぎて故障した場合は一度カスタマーセンターに連絡してみた方が良いです。もしかしたら交換してくれるかもしれませんしね!

ネット通販での購入

楽天市場やアマゾンなどでアイコスは売っています。そこで購入した場合ちゃんと1年保証が付くのか。

ネット通販といってもようは転売です。通販会社も正規店から購入して販売しているわけです。通常の6ヵ月保証も通販会社が正規店から購入した日から6ヵ月なんです。しかしこの品薄の現状で何か月も前に購入した商品を売っている可能性は低いかと思われますが可能性はあります。

通販会社が正規店から購入した時のレシートを付けてくれるのかも重要です。通常保証の6ヵ月を過ぎてから故障した場合、購入時のレシートの提示を求められたとします。通販会社からの納品書や領収書などを提示しても保証は受けられません。

ネット通販での購入のポイント

  1. 正規店での購入時のレシートはついているのか
  2. レビューがあればしっかり見る
  3. レビュー件数が多ければ回転率が高いので古い可能性が低い

※ポイントのはあくまでも1年保証を確実にもらいたいという方は必須です。

オークションでの購入

オークションは日々価格の変動が激しいですよね。SNSなどで「入荷量が増えるみたい!」と騒がれれば価格は下がり、入荷がないと騒がれれば価格は高騰と一喜一憂していますよね。

価格が下がった時はついつい買ってしまう場合があります。その時の注意点です。

ポイント

  1. 出品者の評価
  2. 購入日はいつか
  3. 購入時のレシートは付けてくれるのか
  4. 迅速に発送してくれるのか
  5. 製品登録はしているのか
  6. 製品登録している場合は削除しているのか

1の出品者の評価は重要です。非常に悪いが数件あるだけでも私は買いません。そのくらい徹底しないと泣きを見るのは自分ですからね。

23は1年保証にするためには確認必須です。購入から2週間以内の製品登録が保証の条件になっているのでここはしっかり確認しましょう。購入日から間もない商品を選びましょう。4も大切です。せっかく購入間もない商品を落札したのに到着まで2週間以上経ったら意味ないですからね。

56は出品者が一度でも使用した場合、限定アイコスをストアで購入した場合などは注意が必要です。限定アイコスの場合新品未開封でも自動で製品登録されている場合がありますので確認する必要があります。中古の場合はもちろん確認してください。

譲渡してもらった場合

友人から使わないからといって貰ったりした場合です。友人が購入してから2週間以内なら問題はありません。その場合も購入時のレシートは貰った方が無難です。

もし譲り受けた場合、カスタマーセンターに電話して譲り受けた製品のシリアルナンバーを伝えると1年保証になるのか調べてくれるそうなので、カスタマーセンターに連絡した方がいいようです。

友人が製品登録していた場合は削除してもらいましょう。

まとめ

今回はさまざまな購入パターン別の保証について書いてみました。

アイコス公式サイトに購入日を記入するのは自分自身なのでいくらでも偽って登録できるのでは?と思われる方もいるかと思います。

しかしアイコス側はその製品の製造年月日を把握しており、製造日から数か月も後に製品登録している場合は購入時のレシートを確認してくると思われます。

アイコスが品薄の現状、製造日と製品登録の日付の差が大きくひらくのは怪しいと思われるようです。これはカスタマーセンターで聞いたことなのですが、例えばコンビニに陳列していて半年も売れ残っているという事は現状ではありえないという事だそうです。

これを聞いた時にふと思ったのが、だから小出しに販売しているんじゃないか?と思いました。常に売り切れの状態にしていれば製造日=その近辺が登録日になるので、いちいち交換保障の時にレシートの提示を求めなくて済むからなんじゃないかなーなんて思いました。

全てレシートの確認をしていたらおそらく時間が掛かってしまい対応しきれないと思います。あくまでも個人の妄想ですけど(笑

話を戻しますと、アイコスは現状では壊れる事が多々あるので1年保証は大事ですよってお話です。購入するには色々な方法がありますが、しっかり保証を受けるためにも参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

お役立ち情報通

アイコスと美容に興味深々なアラフォー夫です☆ 「清潔感を大切に」をモットーに日々の生活を送っています♪ いくつになっても清潔感だけは失いたくないんだぁー☆ そんな私がアイコスや美容に関する記事を中心に書いていきたいと思います☆ 【ダイエットの実績】約2か月間で90㌔→68㌔の22㌔ダイエットに成功☆