牛丼に紅しょうがの意味と効果について

スポンサードリンク


牛丼をこよなく愛する私がふと思った疑問。 それはなぜ牛丼には紅しょうがが乗っているのか。 どこの牛丼屋さんにいっても各テーブルにはどっさりと紅しょうがが置いてありますよね。 なぜ牛丼と紅しょうがは定番のセットになっているのか。 調べてみるとなるほどと思う理由が明らかになりました! それでは一緒に見ていきましょう!

味覚による効果

1fa040e7ec1da0f1094a727c845034b4_s 牛丼は濃い味付けがされているので食べ進めていくとどうしても飽きてきてしまいます。 そんな時に紅しょうがを間に挟みながら食べると口の中がリセットされて牛丼を最後まで食べることが出来ます。 濃い味は最初は美味しいと感じるのですが 味が単調に感じてしまうので卵を投入したり、七味唐辛子をかけたりしますよね。 そんな面でも紅しょうがは役にたっています。

視覚的な効果

牛丼は視覚的に見ると実はあまり美味しそうには見えません。 なぜなら全体的に茶色いだけだからです。 ご飯はお肉で隠れていてほぼ見えませんし、玉ねぎもタレが染み込んでおり茶色っぽいです。 そんな中に紅しょうががポツンと添えてあったらなんと華やかに、そして美味しそうに見えるではありませんか!! まるでお花が咲いているようで視覚的にも抜群な効果を発揮します。

栄養面・健康面での効果

さて、ここまで牛丼における紅しょうがの効果について挙げてきましたが この栄養面・健康面での効果が一番のメインになるのではないでしょうか。 牛丼というのは牛肉がメインの食べ物であるので酸性が強い食べ物なのですが 紅しょうがはアルカリ性なのです。 紅しょうがを入れずに牛丼を食べると、体は酸性に偏ってしまうのですが 紅しょうがを一緒に食べることで、それを防ぐことができるのです! これは素晴らしい効果といえるでしょう。

まとめ

牛丼における紅しょうがの役割を3つお伝えしてきましたが 牛丼にとって紅しょうがはなくてはならない相棒のような存在だということが分かりました。 とても理にかなっているということなんです。 牛丼屋さんに行くと紅しょうがは無料ですのでいっぱい自由に食べられるのも魅力の1つだと思います。 紅しょうがは見た目だけでなく、健康面に関しても重要な役割があるということが 今回調査した大きな収穫でした。 皆さんも今後牛丼屋さんに行った時は 体のことも考えて、ぜひ紅しょうがを牛丼と共に食べてみてはいかがでしょうか。

あとがき

牛丼ってふとした瞬間に食べたくなりませんか?急に夜中に食べたくなったり。今では牛丼屋さんは24時間営業のところもいっぱいあるので、食べたいと思ったらすぐに食べに行くことができます。 しかし女性に限らず男性でも一人で店舗に食べに行くことが苦手な方もいると思います。そんな時に便利なのがネットや電話で注文できる下記のサイト。私は疲れて帰ってきた時に簡単に食べれる用にセットで購入しています。もちろん冷蔵庫には紅しょうがもストックしているのでいっぱい乗せて食べています。 しかも有名牛丼チェーンの牛丼が自宅にいながら食べ比べできちゃうので楽しいですよ。牛丼が大好きな方は是非試してみてください!最高ですよ~♪

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)