アイコス(IQOS)綿棒にひと工夫すると掃除がとても快適に!

スポンサードリンク


これまで当ブログでもご紹介してきたアイコスのお掃除方法ですが、以前ご紹介した方法にちょっとひと工夫することでさらに快適にお掃除することができたのでご紹介したいと思います。

赤ちゃん綿棒

以前にご紹介した記事では赤ちゃん綿棒は細くて掃除しやすいと言ってきました。しかし赤ちゃん綿棒も商品によっては若干太い綿棒もあったりします。

私は今は100均の赤ちゃん綿棒を使用しているのですが、若干太いんですよね。ブレードの脇をギリギリ通る感じで毎回怖いなーと思いながら慎重に掃除してました。

他にもアイコスホルダーには掃除しにくい場所があります。それも含めてさっそくご紹介いたします。

綿棒にひと工夫してみる

綿棒の先を指でつまんで先を細くします。

えっ?たったこれだけ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、これだけでとても快適になっちゃうんです。私が普段お掃除していて悩んでいたお掃除しにくい部分を解決してくれるんです。

指で潰す方法は結構力がいります。力がなくて潰せないよって方は綿の部分にポイントカード等で潰すと楽かもしれません。

ホルダー周りのお掃除

まずは普段通り専用のブラシでお掃除します。この時右左とグリグリするのではなく、一方向に回した方がいいようです。その理由としてはブレード折れを防止するためです。

ブラシでお掃除するとこの部分にカスが入り込んでしまいます。

私はここにカスが溜まるのが凄く気になっていました。今まではつまようじを使ってほじくったりしていましたが、綿棒の先をつまんで細くしたことで劇的にお掃除しやすくなりました。

このようにちょうど良い感じで隙間に入ってくれるんです。

しっかり汚れが取れました!

この時も綿棒にはしっかり無水エタノールを染み込ませています。ちょっとした事なんですが掃除が快適になります。

加熱ブレード周りにも

この方法を使うとこれまで加熱ブレードの脇をギリギリ通るか通らないかだった綿棒がスッと通るようになりました。さらにはホルダーキャップ中央の細い穴のお掃除も快適です。ホルダーキャップのお掃除に関しては以前に書いた記事の方法がとても有効なのでそちらも合わせてご覧くださいね。

加熱ブレードの根元のお掃除も楽になります。先を細くしてない普通の綿棒だと先が丸いので根元といった場所には当然当たりにくいのですが、細くすることによって根元に当たり易くなります。

根元にこびり付いたカスなんですが、あれは厄介ですよね。私の場合は根元に無水エタノールを染み込ませておいて、つまようじで慎重に取り除いています。あまりグリグリはしない方がいいです。ブレードの熱線?に傷がついたりすると故障になりますので、ブレードの根元をお掃除する時は細心の注意を払って下さいね!

ちなみにブレードを綿棒で擦る場合は優しく撫でる程度にしてください。

まとめ

今回は私が普段アイコスをお掃除していて気になっていた事を解決するためにやってみた事をご紹介してみました。

100均にあるような赤ちゃん綿棒はやっぱり太さのバラツキが多いみたいです。以前ドラッグストアで購入した赤ちゃん綿棒は値段もそれなりにしたので全部細く、ブレードの脇も危なげなく通っていたのですが、100均の綿棒に変えてからは困るようになりました。

しかも100均は安いのでついついまとめ買いしてしまいます。私もまとめ買いしているので暫くは100均綿棒を使わなくてはなりません。お掃除しているとついつい綿棒をいっぱい使ってしまうので安いに越したことはないんですよね~。

今回ご紹介した方法で100均の赤ちゃん綿棒でも快適にお掃除することが出来ます。

メンテナンスにあまりお金を掛けたくない方や、困っていた方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

お役立ち情報通

アイコスと美容に興味深々なアラフォー夫です☆ 「清潔感を大切に」をモットーに日々の生活を送っています♪ いくつになっても清潔感だけは失いたくないんだぁー☆ そんな私がアイコスや美容に関する記事を中心に書いていきたいと思います☆ 【ダイエットの実績】約2か月間で90㌔→68㌔の22㌔ダイエットに成功☆